女性ホルモンの活性化を助けるプエラリア|効果について知ろう

ファミリー

ホルモンバランスの改善法

悩む女の人

大豆イソフラボンの効果

50歳前後の女性の多くが悩まされている更年期障害の原因は、女性ホルモンの急激な減少にあると言われています。閉経に伴って女性ホルモンのエストロゲン分泌量が激減するため、ホルモンバランスが崩れてさまざまな症状を引き起こすのです。つらい症状に耐えかねて婦人科などの病院を受診すると、たいていはホルモン補充療養が行われます。減少したエストロゲンを補うための薬を毎日飲むことになりますが、こうした薬は副作用の可能性も否定できません。乳がんや子宮がんのリスクが高まるとも言われていますので、できれば薬に頼らないで更年期障害の症状を改善させたいものです。その方法の鍵は食事の工夫にあります。大豆に多く含まれるイソフラボンという物質が、エストロゲンとよく似た分子構造をしているのです。摂取すると体内で女性ホルモンと同じ働きをしてくれるため、更年期障害の症状を軽減させる効果があります。毎日の食事の中で適量の大豆食品を摂っていけば、薬と違って副作用の心配もありません。大豆イソフラボンには更年期障害の改善ばかりでなく、悪玉コレステロールを減らして血圧を下げる働きも持っています。

サプリメントでも代用可能

イソフラボンを多く含む大豆製品には納豆や豆腐・油揚げ・豆乳などがあります。いずれもヘルシーな食品の代表格としてダイエット食にもよく利用されています。食事を一工夫することで、女性ホルモンの代用となるイソフラボンを自然に補えるのです。とは言え、仕事や家事で忙しいためそのような献立の工夫が難しいという人も少なくありません。毎日欠かさず大豆食品を食べなければならないことに負担を感じる人もいます。実は更年期障害に悩まされている人ほど、そうした理由で大豆イソフラボンが不足しがちになっているものです。日頃からダイエットを意識して大豆食品を多く食べる工夫をしている人は、更年期障害の症状も軽い場合が多いのです。食事で大豆食品を十分に摂れていない人でも、サプリメントを上手に使うことでイソフラボンを補うことができます。特に洋食中心の食生活で和食メニューが苦手だという人は、イソフラボン配合サプリメントが欠かせないとも言えます。もちろんサプリメントは薬と違いますので、毎日少しずつ摂取することで徐々に効果を発揮します。サプリメントが生活の一部に溶け込む頃には、イソフラボン効果を実感できるようになるでしょう。