女性ホルモンの活性化を助けるプエラリア|効果について知ろう

ファミリー

アレルギーを抑えるEPA

サプリ

アレルギー体質改善も可能

毎年春になると多くの人が花粉症に苦しんでいます。花粉症と同じアレルギー性疾患に属する病気では、アトピー性皮膚炎や気管支喘息に悩まされている人も少なくありません。こうしたアレルギー症状は、花粉やダニ・化学物質といったアレルゲンに対する過剰な免疫反応の結果とも言えます。本来は体を守るためにある免疫機構が、かえって自分自身の体を攻撃するような結果となっているのです。アレルギー疾患の治療には医療機関から処方される薬の利用が最優先されます。しかしながら、日常生活の工夫でアレルギー体質改善も決して不可能ではありません。暴走しがちな免疫機構を上手に制御し、アレルゲンに対する抵抗力を身につける方法があるのです。そんなアレルギー体質改善の鍵を、EPAという物質が握っています。サバやイワシ・サンマなど青魚に多く含まれるEPAは、血液をサラサラにしてくれる健康効果でもよく知られています。この成分にアレルギー抑制効果があることが判明しました。EPAを多く含む青魚を食べることで、アレルギー体質改善も期待できるのです。食事で青魚を十分に摂れない人でも心配はありません。EPA配合サプリメントで補うことは可能です。

炎症コントロールする作用

EPAがアレルギー症状を抑えるメカニズムには、いくつかの原因物質が関わっています。アレルギー反応で細胞が損傷を受けるとプロスタグランジンという物質が生成され、痛みや腫れを引き起こします。EPAはこの物質を抑える働きをしてくれるために、痛みや腫れが抑制されるのです。EPAにはアレルギーによって引き起こされるさまざまな炎症の抑制効果もあります。肉やスナック菓子などに多く含まれるアラキドン酸は細胞膜の材料となるため、必須不飽和脂肪酸の1つです。一方でアラキドン酸は、エンコサノイドという物質の材料となります。エンコサノイドにも炎症を促すタイプと抑えるタイプの2種類がありますが、アラキドン酸の過剰摂取で前者が優勢になってしまうのです。EPAはアラキドン酸がエンコサノイドに変わるのを抑える働きも持ちます。そのため炎症を抑える方向に作用し、アレルギー症状抑制につながるのです。以上のような効果を一粒に凝縮させたサプリメントの力で、アレルギー体質を改善させることが可能になります。魚が苦手な人でもサプリメントなら手軽に摂取できるものです。EPAサプリメントにはアレルギーを制する力が秘められているのです。